同級生

f0362716_19052088.jpg
f0362716_19052150.jpg







昨日、茨城県取手市の同級生夫妻の新築宅にて、同級生たちが集まった"パーティー"があった。

自分も含めて25名いた同級生。
昨日は半数ほどしか来られなかったが、実に楽しい時間を過ごすことができた。中には、生後10ヶ月の子どもを連れて来てくれた同級生もいた。

けれど、昨日は炎天下もいいところ。焼肉をやるにはちょっと熱すぎた!
でも、懐かしい面々と共に過ごしていると、そんな暑さも忘れてしまっていた。

              * 

学部までだと4年、修士だと6年も共に過ごした面々。現在になって考えてみると、改めて同級には特別の思いがあることを実感する。
また、どこか繋がっているというか、分かりあっているというか、そんな気もする。
実際、久しぶりに同級生に会っても、不思議な安心感があった。
f0362716_19052100.jpg








昔から仲がいいわりに、一定の距離を保ちあっている、そんな学年だった。
それは現在でも変わらないんじゃないかって思う。

絵を描き続けている人、就職した人、家庭を持った人、音信不通になってしまった人など様々だが、またこのような機会に少しでも多くの同級生が集まるといい。

              *

そしていよいよ、あと一時間後に日本対クロアチア戦が始まる。
正直、クロアチアは強い。
けれど、チェコがまさかの敗戦をしたように、俺はそんな奇跡を夢見ている。
[PR]
by zeno1016trp | 2006-06-18 21:48 | 日常のよしなしごと