人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本画バンザイ!

一今月23日、藝大の最終合格発表と共に、予備校講師の仕事を卒業した。
予備校としては決していい結果とは言えなかったが、それでも最後まで頑張った受験生たちをひとりひとり心から称えたいと思う。



日本画バンザイ!_f0362716_19051152.jpg

この日、予備校全職員が集う毎年恒例の「納会」が行われた。
お世話になった各科講師の方々に挨拶をさせていただき、さらに辞任のスピーチもさせていただいた。
感謝の意は尽きなかったが、言いたいことは言えた。徐々に俺の中のボルテージを上げて、最後に「日本画バンザイ!」って叫んでもみた。俺がすっきりとした気分で終わりたいと思っていたからなんだ。 (笑)
まあ、俺の中で"片"をつけることができたような気がする。

—そして先日。
日本画の打ち上げが行われ、生徒たちに送別をしてもらった。
直前まで秘密にしていたなんて。(涙)

日本画バンザイ!_f0362716_19051131.jpg


日本画バンザイ!_f0362716_19051117.jpg











大きな大きな花束と共に、たくさんのコメントが書かれた色紙の寄せ書きをもらった。
色紙の真ん中に、筆で「闘魂」って文字…。まあ、俺の印象ってどこいっても変わらないんだな。(笑)
早速、アトリエに飾ったよ。
花束は燈色の包み紙にくるまれた赤燈のアルストロメリア、チューリップ、金魚草の名で親しまれるアンテリナム。選んでくれた生徒から見た俺の印象みたい。嬉しかったよ。

君たちに出会えて本当によかったと思う。そして俺を支えてくれた講師仲間、そしてついてきてくれた多くの受験生たちに感謝の気持ちは尽きない。
最後まで見届けることができないのが残念だけど、離れた場所で、再び挑戦する生徒たちの進路が決まるまでは見守っていこうと思う。



俺はなんだかんだ言って、この「日本画」って言葉が好きなようだ。
日本画という言葉に、コンプレックスを抱くことがある。当たり前のようにジャンルを問う人がいて、その時、なぜか日本画と答える事に後ろめたさや、戸惑う気持ちが生じることもある。
けれどこういう仕事をしてきて感じたこと。俺は確実にこの言葉に支えられている。
言葉の起源や語彙が曖昧だろうが何だろうがどうでもいい。
美術に足を踏み入れる予備校時代から出発して、現在に至るまで、日本画という"背景"に支えられてきたという実感がある。それは素材でもあり、概念でもあり、仕事でもあるだろう。
そしてそれは事実でもある。

もいっちょ!日本画バンザイ!

日本画バンザイ!_f0362716_19051141.jpg





日本画バンザイ!_f0362716_19051283.jpg

by zeno1016trp | 2006-03-28 21:37 | 日常のよしなしごと