<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

陽射し

停車中の電車の中。ホームから見える白壁の家の陽射しが眩しい。 昨日、仕事後に写真家の滝口君と逢い、お茶をしながら語り合った。今日は別の仕事後に中野に行き、漆原君と落ち合う。

                            *

朝方、ふと覗いた寝室。並んで寝ていた長女(2才)と次女(1ヶ月)の寝顔を見ていたら無性に愛おしくなり、思わず2人の間に割り込んで寝そべってみた。いつもより天井がとても高く見えた。
[PR]
by zeno1016trp | 2011-05-20 00:00 | Twitter

手を動かしながら。

震災後の社会的な変調の最中に子を授かり、行く末を強く想像するようになった。それで、大きな"時間軸"の中に自分を置いて考える時間が多くなって'しまった'んだけど、今は「制作を通じて、(自分は)この社会にどうコミットメントしていくべきか」という事を考えている。手を動かしながら。
[PR]
by zeno1016trp | 2011-05-19 00:00 | Twitter

こんな時もある。

自宅で制作中の作品が失敗してしまった。このまま進む事も出来たが、気に入らない。凹みつつ、悔やみつつ、やり直す事にした。まあ、こんな時もある。 —ただ、自分で決めた納品日はとっくに過ぎている。焦る。
[PR]
by zeno1016trp | 2011-05-16 00:00 | Twitter

表現者である前に。

絵筆を持った僕は、これから何を糧に生きていくべきか。

それでも僕は、自らを表現者と云うべきか。



—僕らは、表現者である前に一人間である。


時間は止まる事なく流れていく。その中に在る僕らは、子供達の世代に何を残す事が出来るのだろうか。

少しでも良き世界を提示し、そして良き未来を託せる様に在りたいと思う。

その思いを抱きながら、「具現化」という表現活動を行い続けたいと思う。
[PR]
by zeno1016trp | 2011-05-13 00:00 | Twitter

かもめの玉子

被災に遭った岩手県山田町の親戚から、3月生の次女の出産祝が送られてきた。お礼にかけた電話では、逆に"遅れて申し訳なかった"との言葉を頂いた。受話器を持った妻の目は潤んでいた。

同封されていた大船渡の銘菓「かもめの玉子」の味は決して忘れない。

                            *

夕刻、イムラアートギャラリー「東北画は可能か?−方舟計画−」と、eitoeiko「江川 純太 展」へ。 時間の都合上、新宿、渋谷、そして中野は別の日に。
[PR]
by zeno1016trp | 2011-05-13 00:00 | Twitter

近況

f0362716_19062301.jpg


ようやく、4m赤松26本を採寸、加工し終えた。そして、新たに発注していた3.6m"プレーナー加工済"杉板10枚が届いた。(一番手前が杉。)

月末には、4m栂/ツガ材が届く。静岡に行く6月頭までに全てをやり終えたいのだ。


別スペースでは、月末搬入の作品制作と、「ドーサ引き」と、「引き染め」の最中。
[PR]
by zeno1016trp | 2011-05-11 00:00 | 制作日記