<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Twitter 10/29

仕事後、神楽坂・イムラアートギャラリー東京 三瀬夏之介 @misenatsunosuke 個展「ぼくの神さま」オープニングに行ってきた。若干遅れてしまったが、三瀬さんと世田谷区美術館 小金沢君の対談も拝聴出来た。

オープニングは訳あって早々に退散。また改めて観に行きます。けれど幾人かの知り合いと遭遇出来た上、ガロンのメンバーとも会うことが出来た。帰宅後、ガロンメーリングリストに返答の無いメンバーへ連絡。意見の出し易い環境を作っていくことも自分の為すべき事。

時に言葉は自分の意図とは違うところで一人歩きしてしまうこともある。そんな時は落胆してしまうこともあるけれど、互いの真意を確認出来ればそれでいいんだ。時間だけが過ぎ去ってしまったように思えても、確かな信頼は築かれている。それを新たな勇気と動力にしなくちゃね。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-10-29 00:00 | Twitter

Twitter 10/25

連夜の飲み。大宮からの帰宅中。酔っとる。いやー、こうして好きな事を好き勝手に出来るのも、親身になって支援して下さる方がいるからこそ。感謝の気持ちを忘れない様にしたい。展示の話も進展。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-10-25 00:00 | Twitter

Twitter 10/24

資金繰り、運営に携わった上での実感と予測からの提示。口火を切ったものの、誤解と反撥を招いた。言葉は慎重に選ばなくては。

これまで記録し続けた議事録を読み返している。互いの作品について対話した結成初期の頃、ガロンとしての発足時、そして"コンセプトを無し"とした第1回展終了迄の議事録。

初期には魅力的な言葉もある。ベクトルが同じ方向を向いている中、これだけの字数と"ワード"があって何故集約化出来なかったか。提示と反撥が繰り返された議事の進行方法に問題があったのか。それとも、断続的なミーティングになっている現状に問題があったのか。

ただ、何れにせよ過去は過去。次に向けてガロンはリスタートしたばかり。修正出来る所は修正しつつ、先ずは自分の作品作りと同様、"生みの苦しみ"を経験してこそリアルな声が届けられるんだと思うよね。代謝はその後に考えたい。時間はある。

memo:目的と手段。グループと組織。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-10-24 00:00 | Twitter

Twitter 10/23

memo。昨日の画廊廻り。上野SCAI THE BATHHOUSE 名和晃平展→新宿高島屋 和田雄一展→青山 大浦雅臣展→銀座山下 村岡貴美男展→銀座Q 星山耕太郎展。(案内を送付してくれたのにも関わらず、行けずに展示終了した作家さんすみません。来週は美術館等に。)
[PR]
by zeno1016trp | 2010-10-23 00:00 | Twitter

Twitter 10/22

信号トラブルで京成線大幅遅延。連絡したが、本当に参った。 ー 最近、持ち歩く本が多い。読みかけの文庫小説、英語関係、マーケット関係、そして美術手帖今月号。ー 今は自分が"浮かんでいる"水槽を俯瞰する為に片っ端から読んでいる、そんな具合。井の中の蛙は、井の大きさですら知らないんだ。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-10-22 00:00 | Twitter

Twitter 10/21

源氏現状模写、本日にて終了。五島美術館に再献上してきました。それにしても『詞書』は、"上げ写し"においては限界があることを痛感。なぜなら、全くと言っていい程、文字の"呼吸"が感じられない。万葉の「かな」の息吹と美しい表情は、一線上の流れの中で初めて生まれるものなんだよね。

正直、僕は未だに『日本画』という呼称に嫌悪感を抱いている。恐らくそれは制度への拒絶反応からだと思う。だからこのTwitterでも日本画という呼称は殆ど使った事が無い。けれどこの逃れることの出来やしないバックボーンを通じて、大和の古典の真髄に出会えた事は心底良かったと思っている。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-10-21 00:00 | Twitter

Twitter 10/18

先週末、無事に作品搬入を終えた。現在は国宝源氏物語絵巻(五島本)の現状模写中。昨夏に献上し、五島美術館所蔵となったものだが、訳あって手元に。今週木曜日までに再献上しなくてはならない。

担当場面は『御法(みのり)第五紙、詞』。源氏物語五島本、徳川本併せても名場面中の名場面。五島美術館の方々にとっても重要な場面。

御法の「かな文字」の美しさは格別だ。流麗さの中にも芯があり、軸がぶれていない。加えて、抑揚(表情)と行間(配置)を巧みに使い、光源氏最愛の妻の死という悲哀の情景を演出している。

模写は緊張の連続だ。よりによって桐箱に入った模写は国宝と全く同じ状態。毎度制作時にかけるFMも聴けない。ところで、今週末、ガロンのミーティング&飲みとなった。さて、ガッツリと。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-10-18 00:00 | Twitter

Twitter 10/12

乾き待ち。今日は湿度のせいか、進行具合が悪い。仕事で日中制作が出来なかった昨日。昨日みたいな天候の日が制作にベストなんだけどなあ。とてももどかしい。

でも、トヨタレンタカーで2tトラックを予約出来たし、梱包材一式も揃えた。搬入場所のMAPも心配無い。あとは作品のみ。搬入が終わったら、愛車ESTIMAで家族とドライブに行くことを考えている。今の自分にとって最大のモチベーション。

あと、どんなに忙しかろうが、どんなに制作に追われようが、ガロン @galllllllon のことを忘れてしまうような日は無い。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-10-12 00:00 | Twitter

Twitter 10/11

帰宅時、待ちわびた娘が飛び付きながら出迎えてくれた。どうやら今日は妻と2人で地元の交通公園まで遊びに行って来たらしい。そこでは"新幹線"に3回も乗ったらしい。僕が乗ると大股開きになって超かっちょ悪!な例のヤツです。まあ~活発っす。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-10-11 00:00 | Twitter

Twitter 10/10

今日の午前は、娘の通う保育園の大運動会。ムービー撮影したり、娘と共に保育園で手渡された布を羽織って出し物に出たり、一緒に遊戯をしたり。あと、同じクラスのパパママ達と"親同士の交流"も沢山して来ました。

午後はお絵描き。自宅には沢山の色紙、額縁があり、ふと、『(未だ早いとは思いつつ)娘の描いた色紙絵を額に入れて飾ってみよう…』と考えた。色選びだけは手助けして、頂き物である山田養蜂場〈みつばちクレヨン〉で思いっーきり描かせてみた。

大人から見たら線だけの"ぐちゃぐちゃ"な絵。でもとてもカラフルで、元気が湧いてきそうな一枚の絵が出来上がった。額に入れたら驚くほど"サマ"にもなり、娘もたいそうご満悦の様子。たまにはこんな楽しみ方もいいよね。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-10-10 00:00 | Twitter