<   2010年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Twitter 8/30

ガロン・メンバー、小金沢氏の新しい住まい(横浜)にお邪魔し、「ガロン第1回展」の冊子送付作業を行った。終了後、メンバー飲み。 自分は1次会でお暇したが、開始直後から快濶な意見が飛び交う飲みだった。

                         *

向いているベクトルは同じなはず。それでも自分は挑戦的な立場でありたいと思う。リスクを負わずして一体表現の何が出来るのか。保身を語っているうちは、この先の自己に何も見えては来ないんだ。

「芸術」って言葉の意味そのものが形骸化しつつある自分にとって、「芸術」って言葉に依存しすぎることは非常に危険だと感じている。

                         *

今年に入り、さらに4月以降、自分の表現に対する考えの基が大きく揺れ動いている。さらにガロン1回展以降、それは強く増している。ましてや完成したばかりの第1回展冊子の中の、コーディネーター小金沢氏のテキストが示す通り、もう自分にとって失うものは何も無い状況なんだ。

酒が入ると一人思考の堂々巡りが始まってしまう自分だが(酒のまわりが早い)、昨夜の白熱した飲みは、座った場所のせいだったのだろうか、以前の自分と現在の自分との狭間で揺れ動いていたことは事実。ただ、明らかに今の自分は、自分の想定以上のものを引き出していく手立てを探りたいと思っている。

                         *

長期的スパンで物事を考えていくことはとても重要なことだとは思う。が、30歳そこそこで行動を興す以前に責任論からモノを語っていたら何も出来やしないんじゃないかってことかな。ただ、今後詰めるところはどんどん詰めていきたい。一夜明け、改めて思うこと。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-08-30 00:00 | Twitter

Twitter 8/29

朝から娘が活発!裸んぼで踊りまくっている。。。自分は3時に起床。ようやく「ガロン」の本日の作業の為の下準備が終わって一息しているところ。

                         *

昨晩、TwitterでNHK「トップランナー」に"松井冬子さん出演"というのを知り、録画した。同じアトリエで隣同士、某美術予備校講師職も一緒だった頃、彼女はそのスターダムを一気に駆け上がっていったんだ。04年~05年頃の話。その頃隣で冬子さんが描いていた絵が全て彼女の画集の中に。

当時、美術の世界って取り立てて複雑な仕組みではないんだな、意外とシンプルな構造なんだなと感じたものだけど、まぁ、自分みたいな奴は地道にやるしかないか。…って、もうこんな時間!外出準備を。NHK録画は帰宅後に。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-08-29 00:00 | Twitter

Twitter 8/23

太宰治「斜陽」読了。三島同様、久し振りの太宰。けれどこの「斜陽」、実にテンポよく読めるが、読み進めば進むほど気が滅入ってくるのだ。貴族、没落、自殺、シングルマザー。 ━ 今後暫くは同時読み中だった村上春樹に集中。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-08-23 00:00 | Twitter

Twitter 8/22

ツイッターを通し、何かしらの美術を通じた交流が出来ないものかと思案。下世話な話、その中には結果的な仕事依頼という形だってありなはずだ。より社会に開かれているで”あろう”ツイッターは、まさにそういった多くのヒントや機会が埋もれているような気がしてならない。

僕のような作家はただでさえ狭小な美術界の中に留まりがち。自分の内面に目を向けていくことは至極当然な行為であって、その先を自らが考えていくことは重要なこと。今更ながら現代のコミュニケーションの一ツールとして、美術を通じた交流、ひいては表現活動により多角的に活用すべきではなかろうか。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-08-22 00:00 | Twitter

Twitter 8/21

現在、育児が大変。特に、自我が芽生え始めてきた娘と共に過ごす時間は今が最も重要。けれども、僕自身の表現はこの生活環境、そして家庭があってこそ成立するもの。また常々、表現って持久力が必要だと思っているが、僕にとってこの環境ベースがあってこそ。

慌ただしく過ごす日々。それでも毎日高校野球のチェック!今年は打の年、二桁得点、大差ゲームが多い。そんな中、エースが抜きん出ている興南は下馬評通りの強さ。決勝の見どころは興南の島袋VS強打の東海大相模か。

                         *

ところで、、、三島由紀夫「金閣寺」読了。10数年振りに読んだ三島。その精緻な風景描写、精神描写ははっきり言って凄い。これ本当に31歳で書いたの?という思い。「金閣寺」は秀麗な一語一句の集約。そんな今は、太宰の「斜景」と村上春樹を同時読み。

あ~、10代さながらの文学青年?いや中年か。また本が増えてしまう。。。電車、就寝前、10分でも時間があれば英語か小説の時間。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-08-21 00:00 | Twitter

Twitter 8/21

7時に起床してから家事に育児。制作したい、本を読みたい、事務作業をしたい、あれこれしたいという欲求を抑えつつ。休日の一日は本当に短い。

ガロンの展覧会レポートを掲載していただいた、美術誌「趣味の水墨画」9月号が手元に届いた。展覧会レポート記事の中では「等伯展」より先の扱い。有り難いことです。紙媒体掲載として小さな一歩。ガロン、お見知りおきを!
[PR]
by zeno1016trp | 2010-08-21 00:00 | Twitter

Twitter 8/16

昨夜、自宅に帰着。東名・大和トンネル付近の渋滞は予想に反して13Km程度。徐々に涼しくなってきたとはいえ、東京はまだまだ暑い。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-08-16 00:00 | Twitter

Twitter 8/12

只今、実家静岡に帰省中。明日東京へ。高速道路の渋滞ラッシュが気になるところ。

田舎に帰る前、引渡し予定の作品2点の撮影をしてもらうため、ドライブがてら車で銀座へ。撮影後、京橋の地下駐車場に車を停め、日本橋高島屋へ。METAを含む展覧会を鑑賞。来週はMETA後半と、自由が丘の某美術館分館、そして友人の個展に行く予定。楽しみ。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-08-12 00:00 | Twitter

Twitter 8/11

17:00~20:00、英会話レッスン。みっちり3時間。相変わらず自分の英語力には辟易するばかり。今日は学習法にもアドバイスをもらい、検討する。 reading、writing、そしてhearing。全てにおいてもっと負荷をかけなければ。

僕のレッスンは、全てが美術の話、作品の話を軸に進行していく。自分で前もってある程度トピックを作って、それを基に英語で会話をしながら、英会話の回路を鍛え、重要なセンテンスを学んでいくというレッスン。

また、自分自身の作品ファイルを用いながら、自己の作品について対話する、ディスカッション形式のレッスンもする。そこでは、作品について英語ではどのように説明をするのか意見を貰う。

英語に置き換える事で、自分でも気が付かなかった視点や側面が露呈し、初めてそれらの矛盾点や不足点を認識することもある。日本語ステートメントについてもさらに精査することの必要性を実感している。やるべきことは多い。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-08-11 00:00 | Twitter

Twitter 8/7

6月開催の「ガロン第1回展」の冊子データの現況について、コーディネーターで広報担当の小金沢君より連絡をもらった。大変な状況下での作業に感謝この上ない。万事順調で仕上がりが非常に楽しみ!助成して頂いた野村財団、協力名義を頂いた瑞聖寺、佐藤美術館には確実にお届けしたい。

ところで最近、一泊の家族旅行に行ってきたばかり。今回は熱中症対策万全だったが、ちょっと疲れ気味。今日は今日で午前に娘を耳鼻科に連れて行ってきて、混雑で散々待たされ2時間前に帰宅。こういう日の暑さは余計に堪える。さて、これから銀座にgoです。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-08-07 00:00 | Twitter