<   2010年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Twitter 5/30

最近、毎月購入している雑誌が「AERA English」。 http://publications.asahi.com/ecs/13.shtml ━ 進歩の無い語学力。けれど諦め悪く、もっと気軽に生活の中に浸透させられないかと思い購読開始。これが結構面白い。

月末からはデアゴスティーニから「週刊 戦国武将データファイル」発売された。http://deagostini.jp/sbd/ ━ 総勢300人、出生地、生涯年表のみならず、生年、没年齢、家族構成、ニックネーム、そして全戦歴データ! 戦国好きにはあまりに購読か否かを迷わせる内容だ。

                         *

「ガロン」の作品制作と同時に、明日搬入の作品制作。後者は搬入といっても特に案内等無しのホテルレストランの展示だが、これにはいろいろお世話になってる方が絡んでいて手が抜けない。制作作業しながらガロンの事務連絡、事務作業。

━ ここ最近、もうすぐ2歳になる娘が僕の事を「カネコパパ~」と呼ぶ。いつでも。…、何か間違えてしまったか。。。そんな娘は体温38℃、熱っぽい。パソコンに向かっている僕に「オチゴタ、ゴクロータマデチータッ」だって。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-05-30 00:00 | Twitter

Twitter 5/28

J-WAVE「JK RADIO~TOKYO UNITED」 @TOKYOUNITED 聴きながら、制作作業中。朝からジョン・カビラの声が熱い! ━ 昨日は模写関連で五島美術館へ所用。芸大集合だったため、改めて「ガロン」の宣伝に力を入れる。

現在、芸大は絵画棟改修工事中の為、”上野、下谷、取手”と三箇所に分散。下谷では全アトリエを廻ったが、あまり学生が居らず…。 こうなったらメーリングリスト。それにしても、辞しても多くの学生が寄ってきてくれる。教員たちも温かい。帰りには森田画廊に伺い、チラシを置かせていただいた。

27日付で佐藤美術館主任学芸員の立島さんからメール。マコト・フジムラ氏がNHK教育テレビ(3ch)に出演だそう。5月29日5:20~5:40と6月2日13:30~13:50の2回、英会話レッスンの中でアートについて語るという。6月12日には佐藤美術館にてトークショー予定とのこと。

                         *

ガロン規約一部抜粋。【ガロン実行委員会 規約】第1条(名称・所在地) 本会は、「ガロン実行委員会」と称し、主たる・・・(略)・・・第4条(会員)本会の会員は、第2条の目的に賛同した市川裕司、大浦雅臣、金子朋樹、小金沢智、佐藤裕一郎、西川芳孝、松永龍太郎の計7名を以って構成する。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-05-28 00:00 | Twitter

Twitter 5/26

Morning! ━ 久し振りの音楽ツイート。ハンス・クナッパーツブッシュ指揮/ウィーン・フィルのワーグナー「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を聴いている。10年も前に購入したもの。 クナッパーツブッシュにはワーグナー、ブルックナーの名演多し。

クラシックは交響曲、楽劇が多い。ショスタコーヴィチ、チャイコ、ワーグナー、マーラー、その他楽曲によってホルスト、ヴェルディ、、、脈絡無い。JAZZ、BLUESも聴く。JAZZならビッグバンド。車では決まり切ってサザンかクラプトン。娘にはピアノ関係のCDを毎日聴かせている。

                         *

ところで、瑞聖寺で戴いた「フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジン」というフリマガが面白いんだ!若いお坊さんたちが作る独自の仏教マガジン。お坊さんやお寺とういうものが身近な存在に感じてくる上、シンプルなページ構成の中に活動報告、イベント報告、宣伝告知、連載、あとがき、と充実掲載。



トークライブや、「ボンズクラブ」というイベントを企画されたり、スカイプを利用されたりと、一般目線で創造的な布教活動をされているんだ。どの世界にもこのように志持って”行動に興す”方はいるという現実。第4号あとがきの『小難しく考えるよりは「とりあえず、行動!!」』という言葉も刺激的。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-05-26 00:00 | Twitter

Twitter 5/25

昨日のガロンミーティング。━13:00集合~会場最終下見~13:30瑞聖寺内打ち合わせ~(場所移動しながら会場近辺の交通確認)~15:00メンバーミーティング(通算16度目)17:30終了。広報、運営、会計、展示等、事務的な部分での作業確認はほぼ完了。

6月12日(土)17:00より、ガロン・オープニング。樽割りを行います。━ 個人的に、ガロン開催会場近くの東京都庭園美術館「ロトチェンコ+ステパーノワ ロシア構成主義のまなざし」を早く観に行きたいと思うこの頃。ロシア美術はかなり興味ある対象。

                         *

昨夜のサッカー日韓戦。1点ビハインドの前半のみでTV消したんだ。なぜなら、日本は、中盤でパス回しが切れること切れること。サイドに展開してもカットされるの繰り返し。単調極まりない攻めに今日は0-1で終わりだな、と思って。そしたら、今朝のニュースで0-2で完敗だと!

普天間基地移設問題も何とお粗末な展開か。クリントン米国務長官の見解にも厭わしさを覚える。こんな政治問題の前に自身の無力さを改めて痛感する。美しい沖縄の海を守る手立ては果たして皆無なのか。

前案から辺野古案に転移してから、メディアの争点も政府に移ってきている。この問題は移設候補地にも挙がった郷土、静岡県御殿場市に米軍キャンプがある僕にとってどうしても人事のように思えない。僕は作品を創ることでしか表現出来ない一作家に過ぎないが、せめて自分に出来ることは何かと考えたい。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-05-25 00:00 | Twitter

Twitter 5/24

ミーティングの準備中。未だ整理は出来ていない。それにしても、最近、考えさせられる事が多い。それらを含めて、制作ノートに思うがまま、留めるがままに書き連ねていく。

「軸」。昨年あたりから気になっているワード。機軸・車軸・回転軸・地軸・結晶軸・座標軸・対称軸・基軸・枢軸。そして世界軸、宇宙軸。 ━ 何故、軸という言葉に惹かれるのか分からないが、もし自分に軸という言葉を適用するのならば、自分は何を支軸に自転して、そして公転しているのか。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-05-25 00:00 | Twitter

Twitter 5/23

明日の、ガロン・ミーティングの下準備中。搬入出タイムテーブル他、チェックリスト等。また、今回助成してくれる「野村財団」から助成金の振り込みを確認できたから、この際にガロン専用の口座を作成しようと思う。口座作成では法人扱いになるため、グループの「規約」などが必要。

実行委員会を立ち上げて運営構成は出来ていたが、具体的な規約は無かった。今後改訂を重ねていくことにして、先ずは口座作成のための規約作り。助成があると言っても低予算の中での展覧会運営。助成や徴収を合わせた正規の経費と、コツコツ貯めた”プール金”を使って上手にやりくりしていかなくては。

                         *

ところで、絶版になっていた北澤憲昭先生の『眼の神殿—「美術」受容史ノート』が今年に入ってブリュッケから復刻していたんだね。http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4434141708.html つい先日、美術手帖新刊の美術本紹介のページで知った。

早速ネット注文しようか。それにしても画集、美術書、書籍類が溜りに溜まって、段ボールに入れてトランク(倉庫)に運んだばかり。大中サイズの段ボールを合わせて7箱分!それでも自宅にはH180cm本棚3つが書籍でいっぱいで、後輩に譲ったり、廃棄処分したんだ。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-05-23 00:00 | Twitter

Twitter 5/21

仕事後、日本橋まで和紙を買いに行ってきた。電車でも良かったんだけど、愛車を走らせて。それで、これから娘を保育園まで迎えに行ってくるんだ。

帰ってきたら、きっと、いつものように沢山お話してくれるんだろう。お話したり、歌を歌ったり。パタパタ走り回ったり。保育園通園時期が早いせいか、言葉も早いようで。 ━ しばらく遊んでから、風呂に入れる予定。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-05-21 00:00 | Twitter

Twitter 5/20

天候に合わせるように、昨日から体調悪くダウン。昨日の展示打ち合わせは行けず。体調管理不足が情けない…。

それでも一昨日、仕事後6つのギャラリーを廻った‐。来年グループショー参加予定の画廊を皮切りに芸大同期の漆原夏樹展(ギャラリー広田美術)、そして坂本トクロウ展(ギャラリー桜の木)、石田徹也展(ギャラリーQ)等。Qでは新たに「画廊からの発言’10」の小品展参加要請。

行った内のいくつかのギャラリーで「ガロン」 @galllllllon の話もしてきた。早速厳し目な見方をされる方もあったりと、いろいろ考えさせられることもあった。けれどそれはそれ、その人の見方考え方。先ずは作家である自分たちが主体的に動かなければ何も始まらない、と改めて実感した。

また、グループショーってどうしても企画や展示の内容に目が行きがちなんだろうけど、それだって展覧会の一側面、一要素にしか過ぎない、と考える。無論、掲げたテーマもあるが、先ず第一に僕たちは一つの「運動体」としてこの組織を結成し、表現の一手段として作品を発表することに重きを置きたい。

企画者的な立場で見られてしまうなど小金沢君には複雑な立場にさせてしまったが、ガロンにおいては彼も一表現者、7人全員が並列の立ち位置で参加することとしている。だから「galllllllon」でもある。

まあ、兎に角、僕らのような若造の世代が、このご時世に頭でっかちばかりにならないで、”バカ”みたいに「表現」を追求する集団があってもいいと思うんだ。メンバー皆20代後半から30代前半っていう作家だし、「今だから」出来ることなんだよね。

プラス、「現在の今」って、作家は自らが出来る、そして行っている表現と技材について徹底的に考えなければならない時代にあると思うんだ。僕のような30歳そこそこの作家は特に。それが無ければ20年後は消えているとさえ考える。いや、これってかなり重要なことでしょ。

今回、フライヤーに敢えて「日本画」という言葉は使用していない。「出自を説明する上で最低限の言葉としての使用」に留めている。何故なら「日本画」がどうのこうのっていう論議ももう古いよね。時代はもう違うんだ。また、本当の描き手、表現者なら其れを越えた次元で「表現について」考えたいよね。

                         *

一昨日、広田で個展中の漆と差しだったが、村上さんの日本画USTで某芸大生が「日本画」を”素材の魅力だけ”で語ってしまったことも話題に。在る程度想像していたから見もしていないが、僕らが学生の頃はそんなことは無かった。意識の急低下。何を勉強しているのか。早く体調良くしなくては。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-05-20 00:00 | Twitter

Twitter 5/17

同郷の友人作家と郷土ツイートしてたら、郷里でも何か面白いことが出来そうな予感がしてきた。キーワードは「特別な場」、「狭間」、「土着性」か。「村視点」、「山岳信仰」も面白い。表現、そして発信するものに対して、先ず自分がリアリティを感じているかどうかって非常に重要なことだと思う。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-05-18 00:00 | Twitter

Twitter 5/17

「ガロン」 @galllllllon の事務作業中。佐藤美術館、瑞聖寺より問い合わせの返答メールをいただく。これから、この内容をメンバーにメーリングリストで転送、そして調整だ。明日と明後日は仕事後に自分自身の展覧会打ち合わせ。制作に対する焦燥感に苛まれる。

                         *

御殿場市在住の方にリフォローしていただいた。目前に美しい光景が広がってくるようなツイート、そして美しい山系の画像の数々に心洗われる思いがした。或る掲載記事にも書いたが、其処は確かに在り続ける僕自身の起源であり、心神の象りだと思うんだ。

今までの表現は徹底的に自分の起源を模索してやろうと足掻いてきた。勿論、自分の表現、作品、言葉を通して。今後社会に向けて何か発信していこうとするのなら、先ず自分という者が何者か自分自身が理解する必要があると感じていた。

また少しでも、自分の立ち位置が文脈のどのライン上にあり、一体どの方向を向いているのかと考える必要性を感じていた。それは芸大入ってからずっとずっと考えてきた。自分に明白な答えなんか期待していないが、これからも続けていくべきことなんだとは思っている。

果たして遠回りだったのか近道だったのか、「回帰」ってテーマで暫く続けてきたけれど、これからは違う展開をしていきたいと思う日々。タイミング良く?!、アカデミックど真ん中の某大学教員任務を終えたばかり。ガロン開催も間もなく-。いろいろな意味で転換期、過渡期だと感じるな。

                         *

プリンタの調子がイマイチ良くない。そろそろ新調時か。━ 今しがた、暫く会っていない作家の友人から突然の電話があった。「どうしてる?」と。彼はギャラリー現を拠点にバリバリ活動している作家。30分程たわいもない話をする。今はどうしてるとか、これからどうだとか、今何を考えているとか。

彼とは以前からやっていることも考えていることも異なるが、でも不思議と気が合う。彼はどうか知らないが、僕は彼のスタンスや考え方に教えられる事が多い。電話の最後はいつもこんな言葉で終わる。━「お互い頑張ろうな」  展示や仕事が落ち着いたら、彼を誘ってドライブに行こうと思う。

                         *

@riumajin この地域って、平安・鎌倉・室町と知れば知るほど面白い地域なんだよ。戦国に至っちゃあ、武田、今川、北条が取り合った”狭間”の地だからね。そんな「金子」は御厨地方から見れば”余所者”だけど。ってどうでもいいか!龍さんの御殿場ツイートも楽しみにしてまっせ!

@kojitakii おお!ぐっちゃん!”狭間”って言葉はオリジナルだけど、俺のブログで過去にこの地域のこと書いたことがあるよ。(参考は、市のサイトから。) http://blog.livedoor.jp/zeno1016trp/archives/50925229.html

@kojitakii まあ、箱根と富士に挟まれた地域性も富士宮や富士吉田と違ってまた特殊な土着文化が根付いていたんじゃないかと思うんだ。それは「山岳信仰」って形でこの地域の下層部に未だに受け継がれているんじゃないかとも思っているよ。あくまで持論だけれど。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-05-17 00:00 | Twitter