<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カワセミ

18日、19日、20日と、3連休を利用して実家(静岡県御殿場市、小山町)に帰省した。


実家では、早速、姪が自ら飼育する"メダカ"や"クワガタ"を披露してくれた。どちらも、実家近くで捕獲したものだという。
同じ様に虫網を持って駆け回った幼少の頃の自分自身が懐かしくもあり、また、今の時代になっても僕が育んできた地に変わらぬ様相があることに安堵を覚えた。

— 木々の匂、土の匂、川の流れる音。
目前の水の中でメダカが小刻に游ぎ、おが屑の上でノコギリクワガタが這う。
東京に住んでいるとつい忘れかけてしまうこの感覚。僕にとって、無為な時間はこんな何気無い時の間によって生じるようだ。

そう言えば、帰省中に読んだ地元のローカル新聞の記事の中に、地元を流れる「鮎沢川」という川に"カワセミ"が棲んでいるという記事があった。
一地方版の何と小さなニュースだろう。けれど、その長閑さに微笑ましくもあり、不思議と悠然たる面持ちになることができた。

                *

そして、今回の帰省目的の一つである墓参りを行った。なぜなら、御殿場と小山の地域では、この時期は"盆"だからだ。この地域では「ミクリヤ盆」とも言われ、通年7月の月末に行われる。それは、陰暦の7月でもない時期に行われるんだ。

— 何故この時期か。
一つには、田畑の耕作もすべて終わり、春と夏、そして晩秋と年三回行っていた"養蚕"の合間の一段落した時期だったから、という所以もあるようだ。


僕は家族と共に山の中腹にある墓地を始め、幾つかの墓地を巡った。
墓前にそっと線香を置き、手を併せ終えた頃、山中の静かな霊園の中で"かっこう"の声がこだましていた。
[PR]
by zeno1016trp | 2009-07-21 00:00 | 日常のよしなしごと

源氏模写、献上

昨日、世田谷区上野毛に所在する五島美術館に「源氏物語絵巻現状模写」を献上した。


今回の献上は、当美術館に於いて学芸員の先生方が直に国宝と比較され、そして最終チェックをされた。



国宝があるため、この日も炎暑だったが、エアコンは“弱冷房”の室内。
そのような中、僕の模写は最後の最後に地色を一色かけることになった。そして、暑さと緊張のせいか汗だくになりながらも、無事に着色を終了。

疲れもピークに達し、最終的に自分の模写がどういう状態になったのか覚えていないほどの状態にあったけれど、それでも何とか「O.K.(終了)」の一言を頂き、そして僕の模写は美術館に引き取られていった。


午前は大学出勤、自家用車で上野毛にある五島美術館に赴いたのは昼過ぎ。
緊張極まる献上を終え、帰る頃は首都高の長い長い渋滞。

久しぶりに疲れ切った一日となった。
[PR]
by zeno1016trp | 2009-07-17 15:08 | 制作日記

素描展終了

2009年7月1日~7月13日まで開催の東京藝術大学日本画第二研究室『素描展』(東京藝術大学大学美術館陳列館)が終了しました。
どうもありがとうございました。


                *

今更ながら、初期初動において「素(もと)で描くこと」、そして「素(もと)であること」の意味の重さを痛感しています。

「本(もと)」や「元(もと)」ではなく、「素(もと)」。


そこには「描く」ことでしか見えてこない何かがあるように思えてなりません。
[PR]
by zeno1016trp | 2009-07-14 00:28 | 日常のよしなしごと

遭遇

日曜日の午後。妻と1歳になったばかりの娘を連れて、現在開催している「素描展」を見に出掛けた。


その展覧会会場の、確か僕の作品の前辺りで実に数年ぶりに"従兄弟"とバッタリ遭遇した。もちろん、その従兄弟とは何処かで待ち合わせをしていたわけではなく。


従兄弟は現在、静岡県(浜松市)在住。
先月中頃から出張で千葉に来ていたそうで、さらにこの日の午後、たまたま上野に来ていたのだという。

本当に奇遇としか言いようが無かったこの出来事。遇った時の余りの驚きに声も出なかったのです。
[PR]
by zeno1016trp | 2009-07-08 00:00 | 日常のよしなしごと

7月1日~7月13日まで、東京藝術大学大学美術館陳列館において「東京藝術大学日本画第二研究室『素描展』」を開催しております。


  ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
   東京藝術大学日本画第二研究室
       『素描展』ー日常の断片ー  
   会期:2009年7月1日(水)~7月13日(月)
      10:00~17:00(最終日は12:00迄)
      ※会期中無休(観覧料無料)
   会場/東京藝術大学大学美術館陳列館(美術学部守衛所の裏)
   主催/東京藝術大学日本画第二研究室
   助成/藝大フレンズ賛助金助成事業

   東京藝術大学大学美術館公式ホームページ

  ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

f0362716_19055956.jpg

[PR]
by zeno1016trp | 2009-07-05 00:00 | 展覧会の案内