<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

妙高山

連日、気温30度を超える真夏日が続く。一体、いつまで猛暑が続くのだろうか。

エアコンが嫌いな僕は、扇風機を利用する等なるべく自然風の中で過ごそうと思っている。
eco精神に通じそうにも思えるが、本当にエアコンが大の苦手だ。避暑地である田舎の、エアコンの必要の無かった環境で育った僕にとって、エアコンを使用した時の急激な外気と内気との温度差で体調を崩してしまうようだ。
けれど先日、30度超の夏日の中「(室内で)エアコンを付けまい」と粘っていたら、逆に熱中症のような症状に陥ってしまった。

— 教訓、「やせ我慢もほどほどに」

                *

7月31日から8月3日まで、新潟県妙高市赤倉温泉に行って来た。
妙高夏の芸術学校」というイベントに講師として参加したんだ。しかしながら、過日、新潟県中越沖において大規模な地震災害があったばかりで、付近の地域の方々には心痛の思いがあった。特に、学生の頃に幾度か旅行をしたことがある「妻入りの街並」で有名な新潟県三島郡出雲崎町と、お世話になった同町の漁師さんのお宅に対しては深憂の面持ちでいる。

僕自身にとって初めての妙高夏の芸術学校参加は無事に4日間の行程を終え、終了した。
(同期間中、展覧会「妙高ゆかりの作家たち展~東京藝術大学を中心として~」(7月21日~8月5日/妙高市新井ふれあい会館)も開催されていた。)
f0362716_19054996.jpg







好天に恵まれ、地元の人々が驚くほど連日妙高の山景を望むことが出来た。
□妙高山(標高2454m)/妙高火山群の中心となる複式コニーデ型の休火山。前山(1900m)・赤倉山(2141m)・三田原山(2300m)・大倉山(2100m)・神奈山(1909m)を外輪山に囲まれた複式火山。
f0362716_19054978.jpg

— "いもり池"からの妙高山眺望










このイベントは写生を始め屋外での活動がほとんどであるため、腕も顔も真っ黒になった!
けれど、芸術を通して多くの方と触れ合う機会に恵まれ、改めて芸術の素晴らしさを実感したものだった。実に、参加された方々の「描く事が好きで仕方が無い!」という気持ちが手にとるように伝わってきたんだ。芸術が多くの人に心から親しまれている事にとても嬉しく思った。
また、参加された方の中には、芸術が日常生活にとって欠かせないものであるというような方までいた。個人によって芸術そのものが生活の重要な一部まで担われていることを窺い知ることが出来た。
このような体験を通して、僕自身にとっても自分自身が忘れたものを見つめ直す、そんなきっかけになったんだ。

                *

さて、今日からお盆である。お盆はどんなふうに過ごそうか思案している。
取り合えず、スケッチブックを一冊持った。先日、ハンドサイズのスケッチブックが欲しくなり、購入したばかりだ。僕は、常に3種類のサイズのスケッチブックを持ち歩いている。そして今回、新たに小さめのサイズのスケッチブックが仲間に加わったのだ。

鉛筆、ペン、水彩絵具、パステル、色鉛筆、クレヨン、、、描く時の気分や状況に応じて素材を使い分ける僕の愛用のスケッチブックは、ホルベイン製の「クレスター」。
このスケッチブックを使用する迄に、様々なスケッチブックを用いている。自分の描画に合ったスケッチブックはないかと、新宿「世界堂」や銀座「伊東屋」に度々足を運んだものだった。


この「クレスター」はコットン繊維と純良パルプを原料として作られた水彩紙。僕は、リングの無い"無線綴じタイプ"を使用している。(2パターンの無線綴じタイプが有る。) 
[PR]
by zeno1016trp | 2007-08-11 06:31 | 日常のよしなしごと

御礼

-------------------------------------------
先日、東京藝術大学日本画第二研究室『素描展』が終了いたしました。
f0362716_19054935.jpg








暑い中、多くの方がお越しくださいました。心より御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。
-------------------------------------------
[PR]
by zeno1016trp | 2007-08-10 20:36 | 展示回想・雑感