カテゴリ:散策日記( 3 )

伊豆へドライブ

作家の友人たちと、静岡 伊豆半島へ日帰りドライブに行った。
f0362716_19055373.jpg













行程は、首都圏から東名高速に入り、松田ICで降り、「神奈川県松田町」~「静岡県小山町(おやまちょう)」~僕の実家のある「御殿場市」~「沼津市」~「韮山町(にらやまちょう)」、そして伊豆半島に位置する「戸田村(へだむら)」へというルート。実家、御殿場市を通過することもあり、頻繁に裏道を利用したドライブとなった。
また、富士山の写生&ドライブという心づもりだったが、あいにくの天候のため富士は雲に覆われ、寒さも厳しく写生の方は出来なかった。


この時期は、全国的に小正月行事「どんど焼き」の準備が行われる。東北地方から九州地方まで、ほぼ1月14日もしくは15日に行われているようだが、静岡においても田んぼの至る所に準備が行われており、藁を詰めた青竹の中に多くのだるまや松飾りが顔を覗かせていた。
けれど、この「どんど焼き」。御殿場市では、「さいと焼き」と言うのだ。調べてみたら、「さいと焼き」と言う地域はこの御殿場市と山形県の一部の地域だけらしい。地方によって多少の違いはあるようだが、「さいと焼き」と呼ぶ地域は珍しいようだ。

                 *

一日天候に恵まれなかったが、行程500kmのドライブはいい気分転換になった。
戸田村の夕景を背にし、後ろ髪を引かれる思いで東京に戻ってきた。
f0362716_19055366.jpg

[PR]
by zeno1016trp | 2008-01-14 23:00 | 散策日記

春、椿

先日、芸大日本画の学部入学試験が終了した。

準備をする側にとっては7日間の長丁場。受験生にとっても実技一次試験の2日間、実技二次試験の2日間を合わせた4日間は正念場。
早朝の寒空の下に並ぶ受験生たちを見て、改めて600人強から定員25名に残る事は大変な事だと思った。気象庁が訂正した東京の桜開化予想は、芸大の全科最終合格発表の23日だという。

この期間中、僕は眼鏡を買い変えた。とは言っても、注文をしていたものを取りに行っただけなんだけど。
メーカーはイタリア製の「POLICE」という。CMでベッカムを起用するサングラスが有名らしいが、値段とかメーカーとか気にせず、形だけで即決めしてしまった。フレームのデザインも好きだが、フレームの端のさり気無い燈色のアクセントが気に入っている。
f0362716_19054121.jpg







                *

昨日は休日。久し振りにのんびり過ごした。
午後、日暮里繊維街の問屋に基底材となる麻布を買いに出掛けた。最近は麻100%の生地がなかなか見付からない。ようやく見付けた厚めの麻生地を5m分購入した。

その後、日暮里駅を通り過ぎ、谷中墓地を抜けて上野桜木にある有名なケーキ屋「パティシエ イナムラ ショウゾウ」へ。
此所は、谷中墓地を囲む木々と閑静な住宅街に囲まれた一角に佇んでいる。決して広いとは言えない店鋪だが、パティシエ稲村省三氏のケーキを求めてどの時間帯に行っても並ぶという、"言わずと知れた"名店だ。僕自身は「並んでまで待つ」ということが出来ない性分だが、ここだけはそれが出来る。この日は1時間待ってようやく買うことが出来た!

僕は定番の「上野の山のモンブラン」を始め、ケーキを幾つか買い込んだ。外で待っている際、お店の人に差し出された"ホットチョコレート"は甘すぎず、後味もさっぱりしていて実に美味しかった。
洋菓子に詳しい妻といろいろリサーチをしているが、「パティシエ イナムラ ショウゾウ」は味、値段、デザイン、ボリュームとバランスがとてもいいと思う。でも何だかんだ言って僕は、そこそこ旨くて食べ甲斐があればいいんだけどね。
f0362716_19054107.jpg










帰り際、墓地付近の華美を競う椿の艶やかさに思わず目を奪われた。
[PR]
by zeno1016trp | 2007-03-19 11:30 | 散策日記

東京散策

I often enjoy the Tokyo walk.

今日は京成線に乗車して京成町屋駅へ向かい、都電に乗り換えた。
都電は一両編成の味なヤツ。東京で路面電車が相次いで廃止される中、唯一残った荒川線。
まもなくして、下町の三ノ輪橋駅(台東区)に到着した。
この三ノ輪橋駅に近い「竜泉」という地区は、五千円札肖像の女流作家・樋口一葉が一時期住んでいた地区で有名だ。(一葉はこの地で、雑貨屋を営んでいた。)


竜泉は、三味線演奏家の友人が住む町でもある。
昼過ぎ、自宅稽古場で練習を終えた彼と待ち合わせて、俺たちは下谷のカレー屋へ向かった。
この店は"もみあげとあごひげが繋がった"インド人コックと、いかにも人が良さそうなインド人ウェイターの2人で経営するこじんまりとした店だ。本場仕込みのルーは種類も豊富。
この店のナンは、皿からはみ出すサイズだ。でかさだけではなく、外はカリッとして中はしっとり。歯応えのある生地は、程良い辛さのカレーとよく合う。
俺はチキンとマトンのダブルを食べて腹一杯になり、BGMのインド音楽が流れている店を後にした。
f0362716_19051297.jpg












三ノ輪散歩をしながら、浅草雷門行きのバスに乗車。浅草到着後、吾妻橋から出る水上バスに列をなした。行き先は汐留(しおどめ)の浜離宮恩賜庭園。特別名勝及び特別史跡に指定されている徳川将軍家ゆかりの庭園。 名所・旧跡を紹介する船内アナウンスに耳を傾けながら隅田川を下ること約30分、浜離宮庭園に到着。
f0362716_19051335.jpg







潮のにおいを感じることができる庭園内の木の向こうは、高い建物が見下ろす近代都市空間。そう、庭園は汐留の高層ビル群に隣接している。
この時期の浜離宮恩賜庭園の見所は菜の花畑。約50万本と言う一面黄色の菜の花畑は、予想以上に壮大だった。

夜は再び浅草へ。腹を空かせた俺たちは、もんじゃ焼き屋「こばやし」へ向かった。
天井を見上げると、テーブルを照らす電球がいい味を出している。

Even so, "monjayaki" after getting tired was the nicest.
f0362716_19051314.jpg

[PR]
by zeno1016trp | 2006-04-03 21:51 | 散策日記