2010年 12月 15日 ( 2 )

Twitter 12/15

2日目。
以前から云われているが、客層に作家さんが多い。と、思う。
僕も画廊も案内状を出していないご年配の先生、先輩作家さんが突然見えたりする。

いろんな感情や思考が交錯しているが、今日思った事。それは、入力、出力、そして受容のサイクルが大事ではなかろうかという事。受容無くして発展は無い。戦後の日本の姿に重なる。選別というフィルターは必要だが、受け入れる姿勢と気概がこの先の自分のキャパシティーの容量を決定付ける。
学生時代から思い続けているが、やはり作家たる者、終着地点をイメージして創作活動を行いたい。時間には限度がある。10年先、20年先の自分を想像したい。また、20代には20代の絵と思考があり、30代には30代の絵と思考があり、40代には40代の絵と思考がある。その先も同じだ。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-12-15 00:00 | Twitter

Twitter 12/15

今日は家族を個展会場に連れて行く日。完全プライベートな一日。義父母も来る。家族は作家にとってに最も身近で大切なサポーターである。その家族にしっかりプレゼンすることで建築で云う所の基礎の基礎を造る。クニ(郷里)、家族、自分とここにもトライアングルがある。
[PR]
by zeno1016trp | 2010-12-15 00:00 | Twitter