2007年 01月 30日 ( 1 )

1月27日、小文間植生研究部の活動日だった。

この日は30枚程の同定木札に樹名を墨書きをした。前回までは杉檜だったが、今回は米松材を使用した。杉檜と違い墨の乗りが悪く、濃い色が出にくかったことが残念だ。
f0362716_19053960.jpg








関出先生によると、古くは、表札の墨書、屋外用相撲力士名の墨書等、酒を用いて墨を摺っていたようだ。定着が良くなり、将来的に板の表面がやせても墨書部分は丘になって残るという。また、軸物の箱書き(桐材)や蓋裏に"認書"を記したり"押印"する際、押印する箇所を事前に粗塩にて板面を擦っておくと印影が美しく定着するそうである。今回用いた米松材の場合、樹脂分が邪魔をして墨色が濃く出なかったことが考えられるため、あらかじめ木の表面を細かめの研磨ペーパーで荒らしておいてから墨書きをする方法もあるというアドバイスもいただいた。
次回は各々の樹木に設置する予定。
f0362716_19053940.jpg








後半は、ズミ(桷/酢実)、キミズミ(黄実桷/黄実酢実)を実験園に定植した。竹根との奮闘だったが、西側に4本、東斜面に6本を植え付けた。次回はエンジュを定植する予定。

『 酢実(ズミ)』
  □英名: Malus sieboldii
  □科名: バラ科リンゴ属
  □別名: コリンゴ、コナシ、ミツバカイドウ
 
高さ5~8mになる落葉小高木。枝に刺有。秋に赤い実。樹皮は染料材(染み)。 
日当たりのよい湿った土地を好む。
キミズミは黄色い実。酸っぱい実で果実酒にもなる。
f0362716_19053978.jpg









                *

しばしば、愛車で「ジョイフル本田」に行く。
日本で一番大きいというこのホームセンター。いつも利用する茨城県の守谷店は"東京ドーム2.5個分"、自動車が2600台止められることが出来るようだ。

僕にとってホームセンターはテーマパークのようなもの。何を買うでもなく楽しむことが出来る、至極のエンターテイメント。一日滞在しても飽きが来ないのだ。
f0362716_19053934.jpg

[PR]
by zeno1016trp | 2007-01-30 12:00 | 植生日記